« 頑張らなくていい | トップページ | 池田香代子さん講演会 »

2006年5月30日 (火)

井上ひさし氏の言葉から

憲法はときの権力に対して発する命令です

 「憲法は国家権力に対する規制である」なんていうと固い感じがする。なんかもっと分かりやすい表現はないかと思っていたら、井上ひさし氏が次のような表現を使っているのを見つけた。

「憲法は、私たち主権者が、ときの政府、ときの権力に対して発する命令です。・・それで、ときの政府が国民に命令するのが法律です。では、その国民の命令と政府の命令がぶつかった場合にどうするか。つねに憲法のほうが優越する。」(「憲法九条、いまこそ旬」2頁より)

憲法改正論議とは?

 分かりやすい。
 今の憲法改正をめぐる論議は、次のようにかみ砕くことができる。
 政府などは、主権者たる私ら国民に対し、こんなことを言っている(あるいは言ってくる)。
 「私ら(政府も国会も権力だから両方を指す)、アメリカからうるさく言われるので、9条の解釈いろいろ工夫して頑張って来ました。『戦車』を『特車』と言ってみたり、『警察予備隊』と言ってみたり、自衛隊は軍隊ではないとか、憲法9条は自衛権を否定したものではないとか、2枚舌も使いながら、自衛隊が行くところが非戦闘地域だと開き直ったり、冷や汗かきながら頑張って、そりゃぁ大変でした。けど、もう言葉でごまかすのも限界なんです。集団的自衛権を認めてもらわないと、アメリカもうるさいですし。もうちょっと9条の命令をゆるめてもらえないでしょうか。こんどこそ絶対ちゃんと守りますから」と。

 「こんなの許していいんかい」「信じられるんかい」ということなのだ。
 とんでもないことではないだろうか。

|

« 頑張らなくていい | トップページ | 池田香代子さん講演会 »

憲法全般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさし氏の言葉から:

« 頑張らなくていい | トップページ | 池田香代子さん講演会 »