« 教育基本法改悪の日=2006年12月15日 | トップページ | 国民投票法案の危険 »

2006年12月20日 (水)

ワーキングプアⅡ努力すれば抜け出せますか

 NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ努力すれば抜け出せますか」を見ました。
 7月23日のNHKスペシャル「急増”働く貧困層”」を見た時、思わず、すぐに、NHKに激励のメールを送ってしまいました。相当衝撃だったのですが、今回は、さらに力作だと思いました。
 前回の番組を見た多くの人から多数のメールや手紙が届き、その中に、具体的な実情を訴える人たちがたくさんいらっしゃったとのことです。「それに応える義務がある」と説明がありました。

 この番組は、前回もそうでしたが、単に評論家を登場させてしゃべらせるという安直な作り方をしていません。現実に、懸命に働きながら、ぎりぎりの生活を強いられている人たちの姿を時間をかけてカメラで追っています。具体的な事実をきちんととらえています。私は、ここにこそ、メディアの真骨頂があると思いました。

 離婚し二人の子供を抱えながら生活をする女性。睡眠時間を4~5時間まで削って2つの仕事をこなし、それでも18万円余りの収入しか得られない。子供と一緒に過ごすのは、夕方から夜8時までの約3時間。彼女は、子供たちを寝かしつけて仕事に出かける。「10年ぐらいたてば、私の体はボロボロになるでしょう。でも、その頃には、二人の子供は育ちあがる・・・・・」と言う。そのいさぎよさに、胸が詰まります。
 こんなに誠実に生きている人が将来に希望を抱いて生きていける社会を作らずにおいて、国家に何か意味があるのでしょうか?国家というものの存在意義を改めて問いかけたくなります。

 高校生時代、成績はトップで、美術を得意にしていたため、専門学校に進んで、コンピューターゲームのグラフィックデザイナーを夢見ていた女性。進学しようとしていた矢先に父親が病気で失業し進学を断念。町営施設の食堂で働きはじめたものの、町が民間委託したため、賃金も下がり、1日8時間働いても、8万円程度の収入しか得られない。調理師の資格を取得してスキルアップを図ったが、それでも時給10円しか賃金を上げてもらえなかった。妹も同じ仕事をしていて同じ給与。二人のどちらが欠けても生活ができない。父親は妻を亡くして鬱状態で仕事に復帰できない。

 若い頃、大家族の生活を支えるために年金保険料の支払が5年足らなかった。そのために年金を全く受け取れず、高齢になった今でも、空き缶拾いをして生活をしている80歳と75歳のご夫婦。その空き缶拾いも、競争が激しくなった上に、身体が思うように動かなくなって、いつまで続けられるか分からない。何かあった時のために70万円の預金を使わずに置いてあるため生活保護も受けられない。

 丁寧な仕上げに誇りを持ってきたプレス加工業を営む男性。安さを競う時代になり、委託料が半分以下に切り下げられてしまった。しかも、脳出血で倒れ、妻がその仕事だけでなく、他に2つの仕事を掛け持ちで働いて、ようやく生計を支えているが、ぎりぎりの生活も限界に来ている。

 白状すると、何度か涙が出ました。同情とか、そういうことではない。登場する人たちが余りに誠実に生きていることに感動したから。政府や他人の批判を一切せずに、懸命に生きている。

 私は、次の内容のメールをNHKに送りました。

 「ワーキングプアⅡ 努力すれば抜け出せますか」
 前作に引き続き、拝見致しました。
 前回の作品にも感動しましたが、今回も素晴らしい作品だったと思います。
 評論家を登場させてしゃべらせるだけならば、簡単に番組ができるのでしょうが、現実にいくら働いても生活できない、あるいはぎりぎりの生活を強いられる人たちをきちんと取材され、事実の重みに語らせておられる。事実の重みの前には、理屈はいらないと思います。
 前回の作品が多くの反響を呼んだとの番組内での紹介も、とても嬉しく拝見致しました。いいものを作って頂ければ、やはり見た人の感動を呼びます。
 私の周囲にも、この番組を見てNHKへの評価を改めた、受信料をちゃんと払うと言っている人が何人もいます。
 どうか、これからも、このような良質の作品を創作されたく、期待しております。
 ありがとうございました。

|

« 教育基本法改悪の日=2006年12月15日 | トップページ | 国民投票法案の危険 »

生存権」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングプアⅡ努力すれば抜け出せますか:

« 教育基本法改悪の日=2006年12月15日 | トップページ | 国民投票法案の危険 »