« 日弁連「憲法60周年記念シンポジウム」(2)・品川正治氏講演 | トップページ | NHK「日本のこれから 考えてみませんか?憲法9条」 »

2007年8月14日 (火)

映画「日本の青空」

Photo

 8月10日、福井のメトロ劇場で開かれた「日本の青空」の試写会に参加した。

 

 日本国憲法は、アメリカに押し付けられたものだ、だから自主憲法を制定するのだ、などの矛盾した乱暴な議論には、とてもついていけない。しかし、日本のどうしようもない政府が作った「明治憲法を少しだけ変えただけの憲法案」に呆れたアメリカ(GHQ)が、日本国憲法の原案を作成し、それを当時の頑迷な日本政府に押し付けたのは押し付けたのだろうと思っていた。

 いわゆる「押し付け憲法論」=「自主憲法制定論」には与しないが、かといって押し付けられた側面があるのは間違いないというのが、私の考え方だった。

 

 もちろん、私だって、憲法研究会の「憲法草案要綱」のことは知っているし、GHQが日本国憲法の制定の際に最も参考にしたことも知っているし、「憲法草案要綱」が植木枝盛研究の第一人者であった鈴木安蔵らによって起草されたことも知っている。

 

 しかし、GHQの立場からしてみれば、日本にも、まっとうな民主主義思想を持った憲法案があるなら参考に一応見ておこうかという程度の評価をしたと考えてた。まさか、それを「手本」にしたなんて、考えてもみなかった。

 

 しかし、根本的に考えを変える必要があるかも知れない。

 この映画によると、GHQは、日本の円滑な支配のために、日本人が受け入れやすい憲法案の策定に腐心した。きれいごとではない。それが賢明な支配の方法というわけである。天皇を象徴として残したのもそのためだ。GHQ案作成の際に憲法研究会の「憲法草案要綱」をベースにしたのも、真意はそこにあったのかも知れない。

 

 ただ、それだけにとどまらない。日本側の松本委員会とGHQとの政府案作成のための協議は、30時間超に及んだ。徹底的に議論がなされた。一方的な押しつけではなかったことが分かる。

 

 また、映画では登場しなかったが、GHQとの協議で完成した政府案は、日本の議会でさらに検討され、修正されている。森戸辰男の提案で加えられた生存権の25条が有名である。

 どっちにしても、大事なのは、当時の日本国民が、日本国憲法をどのように受け止めたかに尽きると私は考えているため、あまり制定過程を重視していなかったけど、きちんと検証してみる価値があるとも思った。

|

« 日弁連「憲法60周年記念シンポジウム」(2)・品川正治氏講演 | トップページ | NHK「日本のこれから 考えてみませんか?憲法9条」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「日本の青空」:

« 日弁連「憲法60周年記念シンポジウム」(2)・品川正治氏講演 | トップページ | NHK「日本のこれから 考えてみませんか?憲法9条」 »