« 広がる格差(中日新聞) | トップページ | テロ特措法(1) »

2007年9月13日 (木)

安倍総理辞任報道について

 安倍氏の辞任の報については、様々な情報が飛び交っている。
 しかし、次の総理大臣が誰になるのかで盛り上げているテレビ番組が目立ち、だんだんあきれてくる。

 忘れてはいけない。安倍氏を総理大臣にしたのは、自民党だ。そんな自民党内部での次期総裁=総理大臣の議論をそんなに大きく取り上げていいのか。国民の意識と大きくかけ離れた話をしているという自覚はないのか。
 安倍氏の無責任さは、イコール自民党の無責任でもある。また、小泉→安倍と続いた新自由主義=弱肉強食路線は、自民党全体が承認してここまで来た。
 その路線に対して、国民がノーを突きつけたのが参議院選挙だったし、安倍氏は、テロ特措法による給油が国益なのだと最後まで未練がましく主張していたけど、国民がこれを支持していないことは世論調査によっても明らかになって来ている。

 今の衆議院の政治地図は、小泉氏の時代、まだ弱肉強食路線の本質が国民に見えていない時代に行われた選挙によるものである。今最も国民意思に近いのは、言うまでもなく、参議院の状況である。

 そのことを踏まえた議論を横におき、あるいは導入部分で少しだけ議論し、自民党内の首のすげ替えに競馬の本命・対抗を予想するがごとく騒いでいるようなワイドショー番組は、いい加減にしてもらいたいものだ。

 国民の立場からすれば、「今こそ、衆議院を解散して民意を問え!」というのが筋のはずである。
 ついでに言えば、こんな無責任な総理大臣の下で、国民の多数の意思を踏みにじって、強行採決につぐ強行採決によって成立させられた数多くの憲法違反の法律を見直すべきである!!と言いたい。
 

|

« 広がる格差(中日新聞) | トップページ | テロ特措法(1) »

憲法全般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理辞任報道について:

» 安倍晋三、自らの「幻影」に破れる [Thinking quietly about people's rights]
安倍は「闘っている」という言葉に酔っているものの、実際には闘っていないのである。 (キ文康隆「経済報道解読ノート72・国民を味方にできなかった安倍の躓き」Foresight2007年9月号・新潮社) ※「キ」は、漢字「七」を漢字「森」状に配した字  キ文康隆。  この人物は凄い。豊かな知識と鋭い洞察力、高い倫理観と定見を持ち合わせたコラムニストが、他にどれほどいるだろうか。  新潮社の国際政治経済情報誌・Foresightの中で、読む価値のある数少ない連載コラムとなってしまったが、筆の冴え... [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 01時32分

« 広がる格差(中日新聞) | トップページ | テロ特措法(1) »