« 映画「靖国」上映会 | トップページ | 9条世界会議(2)-5月4日全体会議一部 »

2008年5月 7日 (水)

9条世界会議

Scan4_3

 5月4、5日と、幕張メッセで開催された「9条世界会議」に参加しました。
 5月4日、会場の幕張メッセには1万2000人、入りきれない人3000人、合わせて1万5000人が集まったそうです(翌日の朝日新聞)。私は、運良くぎりぎり会場に入ることができました(かなり危うかったけど)。
 一言で言えば、あの時、あの場所で、志を同じくした多くの人たちと一緒にいて同じ思いを共有できたこと、そのことに感謝したい思いです。
 5月4日の全体会議の会場では、発言したほとんどの人が、異口同音に「この会議に参加できたことに感謝します」という趣旨のことを述べておられた。「9条を世界共通の憲法にして、この地球から戦争をなくしたい」その思いが会場に満ち溢れていました。その共通の思いを持った人たちが1万人以上集まることで自然に高揚する会場の雰囲気。それだけで感動するに十分です。そして、自分がそこにいることができた。それだけで十分に満足してしまいました。
 それだけでも十分に満足だというのに、さらに、主催者が用意した素晴らしい発言者、アーティスト達・・・。私には贅沢すぎる時間でした。

Image_2 ←下手な写真ですが、会場の雰囲気は伝わるでしょうか。

|

« 映画「靖国」上映会 | トップページ | 9条世界会議(2)-5月4日全体会議一部 »

9条」カテゴリの記事

コメント

和歌山の金原です。ご無沙汰しております。4日・5日に幕張に行かれたとのこと、特に初日は大変な状況になったということは、和歌山から幕張に参加して、昨日(6日)、大阪の舞洲アリーナに駆けつけた弁護士から聞きました。ということで、私は、昨日(6日)舞洲で行われた「9条世界会議in関西」の方に参加してきました。4日の幕張ほどではないものの、午前中のワークショップ(2箇所)がアッという間に入りきれなくなり、午後からのメイン会場での行事も、座席が足らなくなって床や階段に座り込んでいる人が相当にいました(入りきれない人はいませんでしたが)。約7,500名の参加ということでした。関西のメインステージでは、海外から3人のゲストスピーカーが登壇されましたが、やはり、ベアテ・シロタ・ゴードンさんの日本語によるスピーチに参加者から最も大きな共感が寄せられていたように思います。なお、これだけ多くの参加者を得て大成功であったものの、(東京もそうでしょうが)関西も全経費を賄うだけの費用はまだ集まっていないと思われます。私も、「9条世界会議in関西を成功させる法律家の会」和歌山地区呼びかけ人の1人として、まだカンパしていない和歌山の弁護士に個別に要請しなければならないか、などと思案しています。

投稿: 金原徹雄 | 2008年5月 7日 (水) 19時39分

 金原さん。コメントありがとうございます。
 会場の外も大変だったようですが、会場内は、その内容の濃さに圧倒されまくっていました。
 5日の全体会議は、出演者の熱気あふれるトークに圧倒されっぱなしだったのですが、それは夜のMusicLiveにも反映しました。加藤登紀子さんのライブが終了したのが、なんと午後10時30分。午後1時過ぎに会場に入っていますので、9時間以上もたくさんのメッセージや演奏に浸りきっておりました。
 こんな充実した1日もめったにありませんでした。

投稿: 憲法日々徒然 | 2008年5月 8日 (木) 08時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9条世界会議:

« 映画「靖国」上映会 | トップページ | 9条世界会議(2)-5月4日全体会議一部 »